静電気について

0044

乾燥したこの時期になると、静電気が起こりやすくなりますよね。

静電気とは何か、なぜ静電気が起こるのか調べてみました。

 

静電気とは、プラスとマイナスの電気量がアンバランスな状態で、物質内に蓄積された電気のことです。

人間を含むあらゆる物質は、プラスとマイナスの電気を持ち合わせていますが、摩擦などによってバランスは崩れてしまいます。

この静電気が起こることを「帯電」といいます。

 

下敷きをこすると髪がくっついたり、タイツにスカートが張り付いたりするのは、

摩擦による帯電です。

物質が他の物質から剥がれるときにも帯電するので、

衣類を脱ぐときにも静電気が発生してバチバチするということになります。

また、ドアノブに触れた瞬間バチっとするのは、体に蓄積されていた電気が急速にドアノブの金属へと流れ出るのが原因です。

 
 
秋や冬に静電気が起こりやすいのは、

静電気には、水分量が少ないほど電気が放出されにくくなり、

その物質の中にたっていくという特徴があります。

特に湿度が20%以下、気温が20度以下になると起こりやすくなります。

つまり、乾燥しやすい秋、冬の季節に静電気が起こるのは、空気の中の水分量が少なくなり、放電しにくくなるためなのです。

 

静電気をためやすい人の特徴は、

乾燥する季節でも、静電気の起こりやすい人とあまり起こらない人がいます。

その違いの最たるものは肌の水分量です。

肌が潤っていると、水分を通して自然と放電されますが、肌の水分量が不足していると放電されにくく

背静電気が体内に蓄積されてしまうのです。

通常は、皮膚のバリア機能によって、肌の潤いは保たれています。

しかし、加齢や生活習慣の乱れ、合わないスキンケアなどが原因でバリア機能が崩れると、

肌の水分が失われて乾燥肌になり、静電気をためやすくなるのです。

 

静電気をためない方法として

部屋の加湿をする

・肌の保湿を意識する

・洗濯時に柔軟剤を使用する

等があります。

 

加湿、保湿を心がけましょう。

 

 
 
#渋谷#渋谷ヘッドスパ#渋谷マッサージ#渋谷ドライヘッドスパ#渋谷駅近#ヘッドスパ渋谷#マッサージ渋谷#ドライヘッドスパ渋谷#肩こり#首こり#肩コリ#首コリ#眼精疲労#疲労回復#慢性疲労#肩甲骨#小顔矯正#フェイシャル#リラックス#リラクゼーション#アロマ#アロマオイル#アロマトリートメント#アロママッサージ#ヘッドスパ専門店#ドライヘッドスパ専門店#リンパ#リンパマッサージ#ヘッド#ヘッドマッサージ#オイル#オイルマッサージ#リフレクソロジー#顔ほぐし#頭ほぐし#かおほぐし#あたまほぐし#デートスポット#渋谷デートスポット#睡眠#不眠症#睡眠の質#デート

Related Posts