体を温める食べ物

0044

食材には体を「冷やす」「温める」ものがあります。

薬膳などの東洋医学的な考え方では、食材は熱性の食べ物と、冷性の食べ物、

そしてどちらでもない平性の食べ物に分けられます。

違いを知っておくと体が火照って暑い時には体を冷やす食材を、

冷えを感じる時には温める食材で料理をと、自分で調節することができます。


体を温める食材の見分け方


体を温める食材を選ぶにはどんな見分け方があるのでしょう?

まずは育つ環境を見ることが大事。

基本的に雪国など寒い地域で育つものは体を温めるもの、

逆に暖かい南国では体を冷やすものがよく育ちます。

また、地中で育つ根菜類も体を温めてくれます。冬が旬の野菜を食べるのは理にかなっているんですね。

それ以外に、食材の色で見分ける方法もあります。オレンジや黄色など鮮やかな色味のものは体を温め、

白・緑・紫の食べ物は体を冷やします。

暖色系のものは体を温めてくれると考えれば分かりやすいもの。

ただ、鮮やかな野菜の代表格であるトマトは、水分を多く含み体を冷やす食材なので要注意。

また、野菜以外にも、

糖質と比べた場合には肉や魚のタンパク質のほうが筋肉になりエネルギーに変わる際に生じる熱量が多く、体が温まります。


‐体を温める食べ物の種類‐


野菜

まずは根菜類を選ぶのがポイント。

いろいろな料理に使える、ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎは体を温めてくれる食材です。

また、かぼちゃ、レンコン、ゴボウ、自然薯なども体を温めてくれます。


香辛料・調味料

辛味のある唐辛子などの香辛料は血行を良くしてくれる食材。

その唐辛子を使ったキムチは体を温める効果があります。

また、生姜は、含まれているジンゲオールという成分が体を温めてくれる上、

加熱することでショウガオールという成分に変化しさらに体内温度を上げてくれるという優秀食材。


発酵食品

発酵食品も体を温めてくれる食材。

身体の代謝をよくしてくれる酵素が入っているのがその理由。

代表的なものは、味噌や納豆、醤油、漬物など。

キムチも、白菜だけだと体を冷やしてしまいますが、発酵した上に、唐辛子も含んでいるので体を温める食材に変化します。

また、チーズやヨーグルトも身体を温めてくれます。


お茶・紅茶

体を芯から温めてくれるのは、茶葉を発酵させて作る紅茶やウーロン茶、プーアール茶など。

また、タンポポの根を使ったタンポポ茶やゴボウ茶も地中で育った食材が原料なので身体を温めてくれます。


肉や魚

筋肉になりエネルギーを作ってくれるタンパク質。

肉や魚にも体を冷やすものと温めるものがあり、鶏肉、鮭、さんま、うなぎ、明太子は体を温めてくれる食材になります。

 

これらの食材を積極的に摂って体を暖かくして過ごしてください。
 

 

 
 
#渋谷#渋谷ヘッドスパ#渋谷マッサージ#渋谷ドライヘッドスパ#渋谷駅近#ヘッドスパ渋谷#マッサージ渋谷#ドライヘッドスパ渋谷#肩こり#首こり#肩コリ#首コリ#眼精疲労#疲労回復#慢性疲労#肩甲骨#小顔矯正#フェイシャル#リラックス#リラクゼーション#アロマ#アロマオイル#アロマトリートメント#アロママッサージ#ヘッドスパ専門店#ドライヘッドスパ専門店#リンパ#リンパマッサージ#ヘッド#ヘッドマッサージ#オイル#オイルマッサージ#リフレクソロジー#顔ほぐし#頭ほぐし#かおほぐし#あたまほぐし#デートスポット#渋谷デートスポット#睡眠#不眠症#睡眠の質#デート

Related Posts