ブログ

0044

体を温める食べ物

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

0044

静電気について

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

faicial

顔のたるみとヘッドスパ

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

IMG_6948

巻き肩について

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

IMG_7029

呼吸の仕方

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

7

むくみについて

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

0113

観葉植物について

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

0042

ローズヒップオイルについて

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

IMG_7110

天気と頭痛

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。

mens

寒暖差疲労

身体の疲れがとれず、不調が続くという方は脳が疲れているのかもしれません。現代人に多い「脳疲労」の状態を知り、脳の疲れを癒す適切な方法を知っておきましょう。

脳疲労とは?
脳疲労とは脳を使い過ぎてしまい、炎症を起こしている状態のこと。たとえば筋肉を使い過ぎると炎症を起こし、次の日痛みが出てきて動かせなくなってしまうこともありますよね。
同じように脳も使い過ぎると炎症を起こし、正常に動かなくなります。

自律神経とは、身体をアクティブに動かす「交感神経」と、身体をリラックスさせる「副交感神経」の2つからできています。どちらも健康な身体を保つために必要な神経ですが、脳疲労が起こると2つの神経はバランスを取りにくくなります。
脳が正常化どうかは自分では意識しにくいものですが、不調を感じる方は自律神経がうまく働いていない可能性が高く脳疲労を起こしているのかもしれません。

脳が疲労すると身体も疲れる
脳が疲労すると身体にも異常があらわれます。たとえば「夜寝ているのに昼間眠くなる」「作業に集中できない」という状態は、脳が疲れている証拠。脳から休息するよう合図が出ているため、無理せず休むべきです。
さらに脳疲労がたまると自律神経失調症へとつながり、病気でもないのに「体がだるい」「頭痛が続く」などの症状がでることもあります。胃腸の調子が崩れたり、めまいが生じたりすることもあるでしょう。
一度乱れた自律神経のバランスを整えるのは、とても大変なこと。体に違和感があらわれたら脳疲労を疑い、早期に対処するのがおすすめです。

脳疲労にはドライヘッドスパが有効
脳疲労を予防したい方、または解消させたい方に一番おすすめなのが「睡眠」です。
脳は寝ることでしか休むことができないため、質の良い睡眠を与えるのが脳にとっては何よりも大切なこと。

現代ではテレビやネット、スマホによって休息中も脳だけはフル回転で働いている状態に。身体を休めているつもりでも、脳には大きな負荷がかかっています。
睡眠の質を高めるためには、ぜひドライヘッドスパの施術を受けてみてください。
頭部をマッサージすることで疲れた視神経や筋肉をほぐし、安らかな状態へと導きます。
常にフル回転してしまう脳をドライヘッドスパと質の良い睡眠にてしっかりと休め、健康な状態を維持してきましょう。